心を守るための気持ちの切り替え

看護の仕事が大変だからという理由で、外出したくなる看護師がいるのではないでしょうか。
例えば大きなミスをしてしまった看護師が、そのミスによって湧き上がった嫌な気分を紛らわそうとして外出することがあるでしょう。外の新鮮な空気に触れることにより、おのずとストレスによって生じた乾いた心を潤していこうと働きかけていき、その空気が自分を生まれ変わらせる作用があることを期待しながらの外出に望みを託していくのです。外の空気を自然界が作り出した癒しの産物として捉えることで、外出をすることが楽しくなるのではないかと思うのです。
休みの日に外出しようと考えている看護師は多いのではないでしょうか。日頃の仕事の鬱憤を晴らすようにして気分転換のため外でアクティブに活動することで、心の底に溜まった澱の除去を促していくと思い、その休日で綺麗さっぱりとなった心で、明日からまた仕事で頑張ろうとする気持ちを奮い立たせていくことがうかがえてくるのです。
また話を聞いてもらうことが気分が晴れることもありますので誰かに話したりするといいと思いますよ。
他の看護師はどう乗り切っているか、ストレス発散法等を知りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です